「頭が良くなる議論の技術」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
  • 特集・レビュー
頭が良くなる議論の技術

日本人は議論が苦手といわれている。が、しかし、近年のマイケル・サンデルブームをみると、議論の必要性は学校や職場などで広く認識されているようだ。 日本人特有の相手の立場や感情をくみ取って、おだやかに議論を進めようとする気遣いをベースにこれからの「議論の技術」を齋藤孝が伝授する。 「論理の作法」を「ルール化」し、個人の能力を高める。それが生産性を向上し、参加者の満足感を高め、議論の場に活気をもたらす。モットーは「柔よく剛を制す」。 「ロジカル・エモーショナル・ディスカッション」のすすめでもある。