頭が良くなる議論の技術

講談社現代新書
アタマガヨクナルギロンノギジュツ
  • 電子あり
頭が良くなる議論の技術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「楽しい議論」で生産性も人間関係も急上昇。著者自ら「議論の花咲かじいさん」を名のるが、そのコツを初公開する。一回の発言は一五秒以内、席を変えてみる、反論するときは対案を提出する、後戻りしない、自分の議論に反論をする、など役に立つ情報が満載。職場でも、学校でも、家庭でもすぐに始められ、議論の場の空気がグーンと良くなること間違いなし。組織が活性化され、仲が良くなる会話力を身につけたい人必読の書である!


日本人は議論が苦手といわれている。が、しかし、近年のマイケル・サンデルブームをみると、議論の必要性は学校や職場などで広く認識されているようだ。
日本人特有の相手の立場や感情をくみ取って、おだやかに議論を進めようとする気遣いをベースにこれからの「議論の技術」を齋藤孝が伝授する。
「論理の作法」を「ルール化」し、個人の能力を高める。それが生産性を向上し、参加者の満足感を高め、議論の場に活気をもたらす。モットーは「柔よく剛を制す」。
「ロジカル・エモーショナル・ディスカッション」のすすめでもある。

目次

  • 序章 ネットと議論 ネットの可能性
  • 第一章 議論とはなんだろう
  • 第二章 議論のジャンル
  • 第三章 議論の技術 基本は西洋流
  • 第四章 新しい日本の議論
  • 第五章 根本的な議論をしてみないか

製品情報

製品名 頭が良くなる議論の技術
著者名 著:齋藤 孝
発売日 2013年05月17日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-288206-4
通巻番号 2206
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:齋藤 孝(サイトウ タカシ)

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程などを経て、現在明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。私塾斎藤メソッド主宰。NHK「にほんごであそぼ」企画監修。
著書には『身体感覚を取り戻す』(新潮学芸賞受賞・NHKブックス)、『読書力』『教育力』『古典力』(岩波新書)、『座右のニーチェ』(光文社新書)、『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)、『なぜ日本人は学ばなくなったのか』『地アタマを鍛える知的勉強法』『誰も教えてくれない人を動かす文章術』(講談社現代新書)など多数ある。

オンライン書店で見る