大江戸省エネ事情

講談社文庫
オオエドショウエネジジョウ
  • 電子あり
大江戸省エネ事情
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

現代人が1日1人当たり約10万キロカロリーも消費している化石燃料は地球温暖化の最大要因となっている。ひるがえって江戸時代は、ほぼ太陽エネルギーしか使わずに高度な産業と文化を築き上げていた。究極の「省エネ社会」を実現した合理的な知恵の数々を、江戸研究の第一人者が豊富な図版と共に解説。(講談社文庫)


温暖化地球を救うには、江戸の知恵が必要だ現代の10万分の一のエネルギーで、100万人都市を運営していた江戸時代。究極のエコロジカル・テクノロジーを実現した驚くべき知恵の数々を豊富な図版で解説

目次

  • 第一章 化石燃料一〇万キロカロリー時代
  • 第二章 乗物、昔と今
  • 第三章 冷やす
  • 第四章 食べ物
  • 第五章 伝える
  • 第六章 観る
  • 第七章 旅をする
  • 第八章 照らす
  • 第九章 着る
  • 第十章 食べる
  • 第十一章 住む
  • 第十二章 作る
  • 第十三章 捨てる・拾う
  • 第十四章 人類は豊かさに耐えられるか
  • あとがき
  • 文庫版へのあとがき

製品情報

製品名 大江戸省エネ事情
著者名 著:石川 英輔
発売日 2009年10月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-276483-4
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年6月に小社より単行本として刊行された「江戸と現代 0と10万キロカロリーの世界」を改題した作品。

オンライン書店で見る