メディアの支配者(上)

講談社文庫
メディアノシハイシャジョウ
  • 電子あり
メディアの支配者(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

講談社ノンフィクション賞 新潮ドキュメント賞 ダブル受賞。メディアの帝王といわれたフジサンケイグループの議長・鹿内信隆。フジテレビを日本一のキイ局に育て上げ、息子の春雄を後継者にした後に引退を表明。鹿内家の支配は完璧に見えた。しかし、春雄の急死、それに伴う娘婿・宏明の議長就任――グループ内部は静かに揺れ始める。そしてクーデターが起きたのだ!(講談社文庫)


講談社ノンフィクション賞 新潮ドキュメント賞 ダブル受賞
フジサンケイグループの権力闘争を緻密な取材で描いた名著!

メディアの帝王といわれたフジサンケイグループの議長・鹿内信隆。フジテレビを日本一のキイ局に育て上げ、息子の春雄を後継者にした後に引退を表明。鹿内家の支配は完璧に見えた。しかし、春雄の急死、それに伴う娘婿・宏明の議長就任――グループ内部は静かに揺れ始める。そしてクーデターが起きたのだ!

「まともな社史さえ存在しなかったフジサンケイグループは、本書によってはじめて本格的な『社史』を得たということになる。」――<佐藤卓己 解説より>

目次

  • プロローグ
  • 第1章 彫刻の森 鹿内信隆のつくった王国
  •  ロックフェラーとヘンリー・ムーア
  •  美術品を使った錬金術
  •  情報の総合商社
  •  告知されなかったガン
  •  信隆最後の「手紙」
  •  「財団法人彫刻の森美術館」
  •  信隆と妻・英子
  •  『ニューヨーク・タイムズ』の死亡記事
  •  グループ葬と「偲ぶ会」
  • 第2章 クーデター 鹿内宏明 解任
  •  謀議
  •  「スリーハンドレッドクラブ」の序列
  •  解任決議
  •  「これはいったいどういうことなんだ」
  •  「自浄作用」
  •  解任後の攻防戦
  •  グループにもぐりこんだ鹿内家の親族
  •  帝国ホテルに籠城
  •  陸軍中野学校出身秘書
  •  クーデター派の別働隊
  •  「血判状」
  •  株主総会の波乱
  •  「一九分の五」
  •  ムシの知らせ
  •  京王プラザホテルの「作戦室」
  •  勝負どころ
  •  真の首謀者
  •  キャスティング・ボート
  •  宏明の後見人
  •  金丸、竹下の思惑
  •  動かなかった瀬島龍三
  •  直接対決
  •  泥沼の抗争を避ける
  •  二種類の招集通知
  • 第3章 抗争 日枝久の勝利
  •  司馬遼太郎の祝辞
  •  「ハイジャッカー」
  •  「すべて手を引け」
  •  日本美術協会の再建
  •  「佐藤宏明」の血脈
  •  瀬島龍三と皇室
  •  クーデターの余韻
  •  中山素平の調停
  •  信隆の胸像
  •  さじを投げた財界長老
  •  三越事件とフジサンケイ
  •  最終結論
  •  脱税はあったのか
  •  英子未亡人
  • 第4章 梟雄 鹿内信隆のメディア支配[前]
  •  存在しない「社史」
  •  鹿内写真館
  •  信隆の実父
  •  陸軍主計将校
  •  怪物・水野成夫
  •  天性のアジテーター
  •  満州と信隆
  •  国策会社
  •  公職追放と戦後財界
  •  財界の守護神
  •  GHQ内部の対立
  •  反共の闘士
  •  財界暗黙の序列
  •  謎の「日本電子工業」
  •  まことしやかにホラを吹ける人
  •  日経連
  •  「満州ゴロ」の巣窟に
  •  「ニッポン放送」誕生
  •  放送免許を取れ!
  •  不可解な自殺
  •  ラジオの黄金期
  •  聴取率至上主義
  •  テレビへの進出
  •  大卒一期生・日枝久の入社
  •  新聞経営の栄枯盛衰
  •  国有地払い下げ
  •  莫大な収益を生んだサンケイビル
  •  水野成夫の転落
  •  数十億円の累積損失
  •  財界の秘密組織
  • (下巻に続く)

製品情報

製品名 メディアの支配者(上)
著者名 著:中川 一徳
発売日 2009年06月12日
価格 定価 : 本体743円(税別)
ISBN 978-4-06-276383-7
判型 A6
ページ数 456ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2005年6月に小社より刊行された。

オンライン書店で見る