日本語の「大疑問」

講談社+α新書
ニホンゴノダイギモン
  • 電子あり
日本語の「大疑問」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

言葉には日本人の数ほど不思議と面白さがある!!
言葉で正しく伝えることは意外とむずかしい。誰にでもわかりやすく伝えることを第一とする、放送現場から日本語表現の問題点を考える!!

私たちが日頃ごく普通に使っている言葉を、あらためて説明しようとすると、実は自分自身が理解していないものがたくさんあることに気づかされます。私は、大人向けと子ども向けの両方のニュース番組のキャスターをつとめてきました。子ども向けに日本語をやさしく言い換える仕事は、苦労が多いのですが、大人向けのニュースを伝えていても、日本語のむずかしさを痛感することが、たびたびありました。そのいくつかをご紹介しましょう。

目次

  • 第1章 放送で苦労しています
  • 第2章 とっても気になります
  • 第3章 日本語はむずかしい
  • 第4章 日本語を捨てようとしたことも
  • 第5章 漢字もあるからいい感じ
  • 第6章 言葉は生きている
  • 第7章 言葉は文化を映す
  • 第8章 敬語を敬遠しないで
  • 第9章 日本語は美しい

製品情報

製品名 日本語の「大疑問」
著者名 著:池上 彰
発売日 2000年03月01日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-272007-6
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社+α新書

オンライン書店で見る