文明としての江戸システム

ニホンノレキシ19ブンメイトシテノエドシステム
文明としての江戸システム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

緑の列島の持続的成長モデル

豊かな自然に依存した徳川文明は、国際的には〈近代世界システム〉と〈冊封体制〉に対抗して〈日本型華夷秩序〉を形成し、国内では幕藩体制のもと、各領国が拡大する市場経済により統合されていた。
発達した貨幣制度、独自の〈物産複合〉、プロト工業化による地方の発展、人口抑制――環境調和的な近世日本のあり方に、成熟した脱近代社会へのヒントを探る。

製品情報

製品名 文明としての江戸システム
著者名 著:鬼頭 宏
発売日 2002年06月07日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-268919-9
判型 四六変型
ページ数 348ページ

書店在庫を見る