『深い河』創作日記

講談社文庫
フカイカワソウサクニッキ
  • 電子あり
『深い河』創作日記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「この小説のために文字通り骨身をけずり、今日の痛みをしのがねばならなかったのか」。作者最後の長編小説であり、純文学の奇跡と今もなお絶賛される『深い河(ディープ・リバー)』は、壮絶で苛酷な闘病生活のなかから生み出された。1990年8月26日から1993年5月25日まで、小説と死を見つめ続けた感動の軌跡。(講談社文庫)


小説と死を見つめた感動の軌跡。
純文学の奇跡と絶賛される傑作は、命と引き換えに生み出された。

「この小説のために文字通り骨身をけずり、今日の痛みをしのがねばならなかったのか」。作者最後の長編小説であり、純文学の奇跡と今もなお絶賛される『深い河(ディープ・リバー)』は、壮絶で苛酷な闘病生活のなかから生み出された。1990年8月26日から1993年5月25日まで、小説と死を見つめ続けた感動の軌跡。

製品情報

製品名 『深い河』創作日記
著者名 著:遠藤 周作
発売日 2000年09月13日
価格 定価 : 本体448円(税別)
ISBN 978-4-06-264968-1
判型 A6
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’97年9月、講談社より単行本として刊行されたものに、「三田文学」(’97年秋季号)に掲載された対談を収録したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る