日本語に主語はいらない

講談社選書メチエ
ニホンゴニシュゴハイラナイ
  • 電子あり
日本語に主語はいらない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「文法」が日本語を迫害している。「主語がよく省略される」から「非論理的」まで、100年にわたり「日本語」に貼られてきたレッテルを一刀両断する! 「愛らしい」「赤ん坊だ」「泣いた」――日本語の基本文はこの3種で必要十分である。英文法の安易な移植により生まれた日本語文法の「主語」信仰を完璧に論破する、すべての日本語話者、必携の書。(講談社選書メチエ)


日本語文法の常識を覆す、画期的日本語論。日本語は曖昧な言語ではない。曖昧に見えるのは、英語文法をむりやり当てはめるからだ。海外で長年日本語教育にたずさわる著者が明解に説く、「日本語の真実」。

目次

  • 序章 モントリオールの日本語教室から
  • 第1章 日本語に人称代名詞という品詞はいらない
  • 第2章 日本語に主語という概念はいらない
  • 第3章 助詞「は」をめぐる誤解
  • 第4章 生成文法からみた主語論
  • 第5章 日本語の自動詞/他動詞をめぐる誤解
  • 終章 モントリオールから訴える

製品情報

製品名 日本語に主語はいらない
著者名 著:金谷 武洋
発売日 2002年01月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258230-8
通巻番号 230
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

オンライン書店で見る