食べ物としての動物たち

ブルーバックス
タベモノトシテノドウブツタチウシブタニワトリタチガオイシイショクザイニナルマデ
  • 電子あり
食べ物としての動物たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「和牛」と「国産牛」……この違いがわかりますか? はじめて知る「畜産」のはなし。極上の霜降り肉はどうやって作られるのか。ブロイラーはどんな一生をおくるのか。肉豚は何カ月で食べ頃になるのか。人間の飽くなき欲求に翻弄され、過酷ともいえる大仕事を強いられている家畜たちの物語。(ブルーバックス・2001年8月刊)


豚、鶏、牛たちが美味しい食材になるまで 霜降り肉はどうやって作られるのか。ブロイラーはどんな一生をおくるのか。人間の飽くなき欲求に翻弄され、極めて過酷な大仕事をさせられている家畜たちの物語。

目次

  • 1 肉に命をかける豚
  • 2 産卵鶏という名の機械
  • 3 食べるために作られたブロイラー
  • 4 霜降り肉を作る黒毛和種という牛
  • 5 牛はなぜそんなに乳を出すのか

製品情報

製品名 食べ物としての動物たち
著者名 著:伊藤 宏
発売日 2001年08月20日
価格 定価:1,034円(本体940円)
ISBN 978-4-06-257341-2
通巻番号 1341
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る

オンライン書店で見る