源氏物語と日本人

講談社+α文庫
ゲンジモノガタリトニホンジンムラサキマンダラ
  • 電子あり
源氏物語と日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

母性社会に生きる日本人にとって『源氏物語』がもつ意味は、ことのほか大きい。そこには、人が自分の人生を回復させるのに欠かせない知恵が示されている! 母性社会に生きる日本人の課題図書! <この作品は2000年7月に刊行された『紫マンダラ』を文庫収録にあたり、改題、再編集したものです>


110万部突破!! 講談社+α文庫の 河合隼雄の本。母性社会に生きる日本人にとって『源氏物語』がもつ意味は、ことのほか大きい。そこには、人が自分の人生を回復させるのに欠かせない知恵が示されている! 心理療法家・河合隼雄は語る。「これは光源氏の物語ではなく、紫式部の物語なのだと思うようになった。千年も以前に、これだけ『個』ということを追求した1人の女性がいたという事実に興奮してしまって、しばらく眠ることができなかった」と。心理療法家の目はそこに、いま日本人が直面している生き方の問題を解くカギを提示する。母性社会に生きる日本人の課題図書! 『紫マンダラ』を改題・再編集し文庫化。

製品情報

製品名 源氏物語と日本人
著者名 著:河合 隼雄
発売日 2003年10月21日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-256788-6
判型 A6変型
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’00年7月、小学館から刊行された『紫マンダラ』を、文庫収録にあたり改題、再編集。

オンライン書店で見る