中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた

チュウゴクジンノホンネチュウカネットケイジバンヲヨンデミタ
中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これが中国のリアルだ!

・渋谷「109」にあこがれる天山山脈の15歳女子
・「2ちゃんねる」を中国語訳するブログ
・天安門事件を知らない若者たち
・当局の検閲を茶化す萌えキャラ
・反日書き込みに血道をあげる「憤青」(ネット右翼)


中国の大規模掲示板を翻訳する人気ブログ『大陸浪人のススメ』の管理人が、
オタクカルチャーからチベット・ウイグル問題、日本のAV女優談義から共産党批判まで、
彼らの本音をモニター越しに聞いてみた!
歴史文化ビジネスと幅広いフィールドで中国を体感し、ネットを通じて現地のユーザーと
ダイレクトに議論する著者だから書ける、笑えるけれど本気の中国論。
これを読めば、テレビや新聞が報じない"あの国のリアル"がわかる!

[著者コメント]
中国は今後の世界にどんな影響を与えていくのだろうか?
天安門事件や民主化問題は、現代の中国人にどう思われているのか。
少数民族問題や社会問題について、彼らはどう考えているのか。
愛国主義教育とジャパニーズカルチャーに囲まれて育った若い中国人たちは「日本」という国をどう捉えているのか――?
これまであちこちで議論がなされてきたものの、いまいちピリッとした答えが出なかった問題ばかりだ。
だが、これらを読み解くヒントを出してみた。
そんな本です。(著者・安田峰俊)

目次

  • ●はじめに
  • ●第1章 親日・反日・インターネット
  • ●第2章 電脳世界の天安門
  • ●第3章 ワンクリックの民主主義
  • ●第4章 翻訳ブログは理解を生むか ~日本・台湾篇~
  • ●第5章 翻訳ブログは理解を生むか ~チベット・ウイグル篇~
  • ●附録とあとがき――現代の北京から

製品情報

製品名 中国人の本音 中華ネット掲示板を読んでみた
著者名 著:安田 峰俊
発売日 2010年04月21日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-216193-0
判型 四六
ページ数 178ページ

著者紹介

著:安田 峰俊(ヤスダ ミネトシ)

(やすだ みねとし)
1982年滋賀県生まれ。
立命館大学文学部(東洋史学専攻)卒業、広島大学大学院文学研究科修士課程修了。
一般企業勤務を経た後、いくつかの職業を経てノンフィクションライターとなる。
「迷路人」のハンドルネームにて、中国のネット掲示板を日本語に翻訳・編集する人気ブログ『大陸浪人のススメ』(http://blog.goo.ne.jp/dongyingwenren/)を運営。

書店在庫を見る