天主信長 我こそ天下なり

文芸(単行本)
テンシュノブナガワレコソテンカナリ
天主信長 我こそ天下なり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本能寺の変の謎が詳らかに!
手がかりは安土城にあった。驚愕の信長劇場。

信長はなぜ、安土に豪壮な城を築かねばならなかったのか。秀吉の参謀、竹中半兵衛と黒田官兵衛が、壮大なる野望の真相に迫る。430年の時を超える「本能寺の変」の新説――歴史小説ファン必読の書!
2009年「この文庫書き下ろし時代小説がすごい!」ベストシリーズ第1位の著者が描く歴史ミステリー長編!

数万の一向宗徒を殲滅。武田を滅ぼし、北陸から上杉、中国の毛利へも派兵。誰の目にも織田の天下は目前に見えていた。だが、信長の目論見は違っていた。時を要する統一事業への焦り。豪華絢爛たる安土城や常宿・本能寺を使った大からくりとは。竹中半兵衛や黒田官兵衛、秀吉、光秀を巻き込み、恐るべき世紀の計画が、まさに実行に移されようとしていた――。

講談社創業100周年記念出版

製品情報

製品名 天主信長 我こそ天下なり
著者名 著:上田 秀人
発売日 2010年08月27日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-216165-7
判型 四六変型
ページ数 322ページ

書店在庫を見る