真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝

シンジュワンコウゲキソウタイチョウノカイソウフチダミツオジジョデン
真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦争と平和を
奇襲攻撃とキリスト教伝道を
人生を二度生きた男

○真珠湾攻撃隊、360機を率いてハワイ上空からトラトラトラを打電した男
○ミッドウェー海戦時、艦上で病に倒れ沈没する空母から九死に一生を得た男
○海戦史上名高いレイテ湾突入作戦を、連合艦隊参謀として構想した男
○航空参謀として原爆投下の前日まで広島に滞在し、7日に爆心地に入った男
○敗戦に抵抗した厚木基地を解放し、そこにマッカーサーを出迎えた男
○降伏調印式を戦艦「ミズーリ」号で、屈辱のうえに目撃した男

この男、淵田美津雄海軍大佐は終戦6年後、突然、キリスト教に回心し、
平和の伝道者として憎しみの連鎖を断つよう、アメリカで、日本で人々に訴えた。

日米合作映画『トラトラトラ』では、田村高廣が演じた日本海軍のヒーローが、
生前したためていた自叙伝を発掘!
真珠湾攻撃から66年目にあたる今年初公開する。
海軍でも名文家の誉れが高かった男の文章は、
臨場感あふれ読み応え十分。
かつ推薦の言葉を寄せてくださった保阪正康氏に、資料性も高いと言わしめた一冊です。

製品情報

製品名 真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝
著者名 著:淵田 美津雄 その他:中田 整一
発売日 2007年11月30日
価格 定価:2,090円(本体1,900円)
ISBN 978-4-06-214402-5
判型 四六
ページ数 438ページ

書店在庫を見る