新版 大阪ことば事典

シンパンオオサカコトバジテン
新版 大阪ことば事典
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ユーモア、ぬくもり、しなやかさ
大阪の人情を今に伝える6400語全項目にアクセント記号付き!

田辺聖子氏推薦

阿呆と馬鹿の違いは?
アホ【阿呆】(名) 智恵の薄い者。おろかもの。アホォではなく、アホと短く発音するところに大阪弁の特徴がある。阿呆と馬鹿とはどう違うか。双方とも愚鈍には違いないが、阿呆は、花曇りのようにぽうっと暖かい感じがあり、馬鹿は、夏の光線のように明快で、はっきりしている。(中略)大阪落語の主役は、常にこのアホである。東京では、「そそっかし屋」の粗忽者がよく話題のヒーローになって、大阪ほどアホや「愚か者」が第一線に登場しない。大阪落語に活躍するアホこそ、実に大阪らしいユニークな、芸術的天才だといえる。――<本文より>

製品情報

製品名 新版 大阪ことば事典
著者名 編:牧村 史陽
発売日 2004年11月12日
価格 定価 : 本体4,762円(税別)
ISBN 978-4-06-212386-0
判型 A5
ページ数 794ページ
初出 1979年に小社より刊行した『大阪ことば事典』を大判化し、地名・社名変更などに対応する改訂を行ったものです