大江戸開府四百年事情

文芸(単行本)
オオエドカイフヨンヒャクネンジジョウ
大江戸開府四百年事情
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の暮らしにこそ、日本再生の手がかりがある。
多数の図版で立証する江戸の暮らしの真実

●役人が極端に少ない世界
●権あって禄の少ない老中
●定員の増えない町奉行所
●大家さんは分散処理の末端
●女性美容師の誕生
●生活習慣病予防食
●合意だけでできた離婚
●小さな便利さ、小さな災い

目次

  • 第1章 徳川幕府の政治
  • 1.江戸時代はなぜ長く続いたか
  • 2.権あるものは禄少なく
  • 3.分散処理の行政
  • 4.市民革命が起きなかった社会
  • 第2章 盛んになる農工商業
  • 1.豊かになっていく
  • 2.農工業の大発展
  • 3.商業で豊かになる
  • 第3章 江戸の暮らし
  • 1.江戸の日常食
  • 2.江戸の飲食店
  • 3.江戸時代の結婚
  • 4.江戸時代の離婚
  • 第4章 江戸時代の多様性
  • 1.良いことばかりはない
  • 2.諸国の名産
  • 第5章 江戸時代は265年続いた!
  • 1.江戸時代から何を学べるか
  • 2.江戸時代の行政から学べること
  •   

製品情報

製品名 大江戸開府四百年事情
著者名 著:石川 英輔
発売日 2003年07月02日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-211871-2
判型 四六
ページ数 242ページ