徳川家光(4)

トクガワイエミツ
  • 電子あり
徳川家光(4)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

春日の局、天海大僧正、柳生宗矩らの補佐役を次々と失った家光のまわりに、不穏な動きが生じていた。由井正雪を総軍師に、幕府転覆の大陰謀(慶安の乱)が、紀州頼宣をも抱きこみながら、着々と進められていたのだ。絢爛たる寛永時代を演出した三代将軍家光が、終焉に迎えた苦悩の完結篇。

目次

  • 地に満つる道
  • 天地の生理
  • 十兵衛終焉
  • 生活倫理
  • 来る者・去る者
  • 龍の落し子

製品情報

製品名 徳川家光(4)
著者名 著:山岡 荘八
発売日 1987年06月01日
価格 定価:850円(本体773円)
ISBN 978-4-06-195068-9
判型 A6
ページ数 294ページ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る