劫火(上)

講談社ノベルス
ゴウカジョウ
劫火(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

陳メ絶叫!読者(トモ)よ、この本とともに燃え上がれ!!
心(タマシイ)が熱い。身体(ニクタイ)が震える。動悸(トキメキ)が止まらない。されば読者(トモ)よ。キミも陳メとともに、日本製エンタテインメントのたどり着いた極限の大興奮アクション小説(超ド級スーパーウルトラ劫火絢爛)に焼き尽くされようではないか!決めたら走れ!この圧巻(厚本)をば手に取ってレジまで強奪(ダッシュ)!!さすればビンゴォッ!!!!!!――内藤陳(日本冒険小説協会会長)

小樽でロシア人による人質籠城事件が発生した。解放された人質が語る驚愕の事実。「奴らは携帯型の核爆弾を持っていた!」しかも事件の陰には日本を“再生”させようと暗躍する組織が……。成り行きで事件現場に遭遇してしまった我らがヒーロー・小田健(オダケン)は、徒手空拳の身で日本を核の恐怖から救えるのか――ノンストップ・アクション巨編、いざ開陳!

製品情報

製品名 劫火(上)
著者名 著:西村 健
発売日 2005年12月08日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-182460-7
判型 新書
ページ数 672ページ
シリーズ 講談社ノベルス