英語の冒険

講談社学術文庫
エイゴノボウケン
英語の冒険
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

英語はいつ、どこで生まれたのか。いかに成長していったのか

英語はどこから来てどのような経過で世界一五億人の言語となるに到ったのか――。1500年前にフリースランドからブリテン島に入り込んだゲルマン人の言葉。わずか15万人の話者しか持たなかった英語の祖先は、衰退と絶滅の危機を乗り越え、やがてイングランドの公用語から世界の「共通語」へと大発展してゆく。周辺言語との格闘と成長の歴史。

※本書の原本は2004年5月、(株)アーティストハウスパブリッシャーズより刊行されました。

目次

  • 1 英語の出発
  • 2 危機一髪
  • 3 苦難の時代
  • 4 試練のなかでの進化
  • 5 玉座奪還
  • 6 新生イングランドの文学者チョーサー
  • 7 神の言葉となった英語
  • 8 国家の言葉へ
  • 9 壮大な権力闘争の果てに
  • 10 言葉のルネサンス
  • 11“正しい”英語を求めて
  • 12 永遠の作家シェイクスピアの英語
  • 13 アメリカへの運命の旅
  • 14 大いなる西部
  • 15 川下に売られて
  • 16 英語を“つかまえ”ようとした人々
  • 17 正しい発音のために
  • 18 蒸気機関、街路、そしてスラング
  • 19 イギリスとインド、波瀾の関係
  • 20 英語のるつぼ、西インド諸島
  • 21 オーストラリア英語の宝
  • 22 “光と影”
  • 23 英語の植民地化
  • 24 英語に明るい未来はあるのか?

製品情報

製品名 英語の冒険
著者名 著:メルヴィン・ブラッグ 訳:三川 基好
発売日 2008年04月11日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-159869-0
通巻番号 1869
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:本書の原本は2004年5月、(株)アーティストハウスパブリッシャーズより刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス