近代文化史入門 超英文学講義

講談社学術文庫
キンダイブンカシニュウモンチョウエイブンガクコウギ
  • 電子あり
近代文化史入門 超英文学講義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今まで何の関係もないと思われていた2つのものが、1つであることを知ることこそ、魔術・マニエリスムの真諦である。そして、これこそが究極の「快」である。光学、辞典、哲学、テーブル、博物学、造園術、見世物、文字、貨幣、絵画、王立協会……。英国近代史を俯瞰し、歴史の裏に隠された知の水脈を、まるで名探偵ホームズのように解明する「脱領域の文化学」の試みである。(講談社学術文庫)


ニュートンと庭と絵と文学はつながっている。科学、美学、社会学、歴史学、哲学、辞典学、庭園術、観相学、博物学……。あらゆる知の領域を繋ぎ合わせて、紡ぎ出す、奇想天外にして、正統な近代視覚文化論。

目次

  • 第1章 シェイクスピア・リヴァイヴァル
  • 第2章 マニエリスムとは何か――驚異と断裂の美学
  • 第3章 「ファクト」と百科――ロビンソン・クルーソーのリアリズム
  • 第4章 蛇行と脱線――ピクチャレスクと見ることの快
  • 第5章 「卓」越するメディア――博物学と観相術
  • 第6章 「こころ」のマジック世紀末――推理王ホームズとオカルト
  • 第7章 子供部屋の怪物たち――ロマン派と見世物

製品情報

製品名 近代文化史入門 超英文学講義
著者名 著:高山 宏
発売日 2007年07月11日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-159827-0
通巻番号 1827
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:2000年に刊行された『奇想天外・英文学講義』(講談社選書メチエ)を底本とし、改題。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る