ビゴーが見た明治ニッポン

講談社学術文庫
ビゴーガミタメイジニッポン
  • 電子あり
ビゴーが見た明治ニッポン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1882年に来日し、17年間の滞在生活をおくったフランス人画家ビゴーは、その卓越した描写力で、写真や活字では記録し得なかった日本人の本質を鋭く描きとった。明治政府を皮肉る痛烈な諷刺画のほか、西洋文化にとびついた人々の滑稽な姿、日本的風習にあふれた庶民の生活、日本軍に従軍して描いた戦争報道画など、100点の作品を通して、近代化する日本の活況を明らかにする。(講談社学術文庫)


文明開化に揺れる人々
フランス人画家が赤裸々に描く当時の生活

1882年に来日し、17年間の滞在生活をおくったフランス人画家ビゴーは、その卓越した描写力で、写真や活字では記録し得なかった日本人の本質を鋭く描きとった。明治政府を皮肉る痛烈な諷刺画のほか、西洋文化にとびついた人々の滑稽な姿、日本的風習にあふれた庶民の生活、日本軍に従軍して描いた戦争報道画など、100点の作品を通して、近代化する日本の活況を明らかにする。

ビゴーの絵は何故、現代の日本人を惹きつけるのだろうか。大佛次郎氏は、父祖の時代に生み出されたものが故に郷愁を誘うのだ、と述べた。私は、ビゴーが「日本的なもの」を追求して描いたからだと思っている。それは日本人にとって己が描かれたと妙に合点がいくのである。そしてもう1つ、彼が諷刺する日本の未来像がまさに当たっているという、歴史への洞察力に感心するからではないか。――<本書「はしがき」より>

目次

  • 第1章 上流階級の日本――世相画
  • 第2章 女たちの日本――風俗画(1)
  • 第3章 男たちの日本――風俗画(2)
  • 第4章 庶民の日本――風俗画(3)
  • 第5章 皮肉られた日本――諷刺画
  • 第6章 写実の日本――報道画
  • 第7章 無念の日本――不安画

製品情報

製品名 ビゴーが見た明治ニッポン
著者名 著:清水 勲
発売日 2006年12月08日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-159794-5
通巻番号 1794
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る