古典落語

講談社学術文庫
コテンラクゴ
  • 電子あり
古典落語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「さんまは目黒にかぎる」、「いまなんどきだい?」、「寿限無寿限無……」――。
人情の機微、人生の種々相を笑いの中にとらえ、庶民の姿を描き出す言葉の文化遺産・古典落語。本書は明治~昭和の速記本をもとに、先人の名人芸によって磨き上げられ、伝えられてきた至高の話芸を、完全に再現する。「目黒のさんま」、「時そば」、「寿限無」など、厳選された21編を収録。

目次

明烏
三人旅
厩火事
千早振る
そこつ長屋
三方一両損
たがや
居残り佐平次
目黒のさんま
小言幸兵衛
道具屋
時そば
芝浜
寿限無
三枚起請
崇徳院
野ざらし
青菜
らくだ
がまの油
子別れ

落語の歴史
興津要さんと私(青山忠一)

製品情報

製品名 古典落語
著者名 編:興津 要
発売日 2002年12月10日
価格 定価:1,463円(本体1,330円)
ISBN 978-4-06-159577-4
通巻番号 1577
判型 A6
ページ数 440ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は’72年小社より刊行された『古典落語』(上)(下)を、著作権継承者の了解を得て、再編集したもの。

著者紹介

編:興津 要(オキツ カナメ)

1924年生まれ。早稲田大学文学部国文学科卒業。早稲田大学名誉教授。専攻は近世文学。著書に『転換期の文学』、『明治開化期文学の研究』、『落語』、『新編薫響集』、『日本文学と落語』、『江戸川柳散策』など。1990年没。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る