栄西 喫茶養生記

講談社学術文庫
エイサイキッサヨウジョウキ
栄西 喫茶養生記
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

茶は養生の仙薬なり。延齢の妙術なり。
禅僧栄西が説く茶の効能

鎌倉時代、広い知識と行動力で、先進的知識人として活躍した栄西は、二度にわたり宋に入り、中国文化の摂取につとめた。そして、中国の禅院で行われていた飲茶の習慣を日本でも行うべく、当地で得た茶の実を建仁寺境内に植栽し、日本の茶の始祖になる。本書は、「養生の法」として喫茶を説いた茶書の古典。
●大きな文字で読みやすい

目次

  • ●凡例
  • ●読み下し文
  • ・序
  • ・巻の上
  • ・巻の下
  • ●注釈
  • ●現代語訳
  • ・序
  • ・巻上
  • ・巻下
  • ●原文
  • 栄西と『喫茶養生記』
  • ・序 禅と茶──飲茶の風をたどって──
  • ・1 栄西の生涯
  • ・2 その人間像
  • ・3 『喫茶養生記』をめぐって
  • あとがき
  • 千光法師明庵栄西略年譜

製品情報

製品名 栄西 喫茶養生記
著者名 著:古田 紹欽
発売日 2000年09月08日
価格 定価:814円(本体740円)
ISBN 978-4-06-159445-6
通巻番号 1445
判型 A6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:’82年9月、講談社出版研究所より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス