レトリックの記号論

講談社学術文庫
レトリックノキゴウロン
  • 電子あり
レトリックの記号論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

われわれを取り囲む文化とは、巨大な記号の体系に他ならない。言語においても単語はそれぞれの意味をそなえた記号であり、それらが集まってできる文は複合的な記号となる。想像力ないし創造力を駆使して微妙な言語現象を分析・解読するレトリックの認識こそ、記号論のもっとも重要な主題なのである。言語学を越えた〈記号論としてのレトリック〉の領野を呈示した著者のレトリック研究の集大成の書。

目次

  • ●1
  •  ・認識とイメージのレトリック
  •  ・創造性としてのレトリック感覚
  •  ・自分だけのものでない言語
  •  ・「らしさ」について
  •  ・ことば
  •  ・強調の記号論へ
  •  ・言語と逃れ去る文学と
  • ●2
  •  ・記号がひらく世界
  •  ・人物像――イメージのレトリック
  •  ・非言語記号と翻訳
  •  ・自由時間の記号性
  •  ・金で買えるという意味
  • ●3
  •  ・読む楽しみ(の記号論)
  •  ・読むことの小冒険
  •  ・名前について
  •  ・手紙について
  •  ・ことわりかた
  •  ・落語
  •  ・だから
  •  ・広告と文学のことばの形
  •  ・美文の効用あるいは無用

製品情報

製品名 レトリックの記号論
著者名 著:佐藤 信夫
発売日 1993年11月04日
価格 定価:1,078円(本体980円)
ISBN 978-4-06-159098-4
通巻番号 1098
判型 A6
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る