レトリック感覚

講談社学術文庫
レトリックカンカク
  • 電子あり
レトリック感覚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アリストテレスによって弁論術・詩学として集成され、近代ヨーロッパに受け継がれたレトリックは、言語に説得効果と美的効果を与えようという技術体系であった。著者は、さまざまの具体例によって、日本人の立場で在来の修辞学に検討を加え、「ことばのあや」とも呼ばれるレトリックに、新しい創造的認識のメカニズムを探り当てた。日本人の言語感覚を活性化して、発見的思考への視点をひらく好著。

目次

  • 序1 レトリックが受けもっていた二重の役わり
  • 序2 レトリック、修辞、ことばのあや
  • 1 直喩
  • 2 隠喩
  • 3 換喩
  • 4 提喩
  • 5 誇張法
  • 6 列叙法
  • 7 緩叙法

製品情報

製品名 レトリック感覚
著者名 著:佐藤 信夫
発売日 1992年06月05日
価格 定価 : 本体1,110円(税別)
ISBN 978-4-06-159029-8
通巻番号 1029
判型 A6
ページ数 332ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る