日本の文章

講談社学術文庫
ニホンノブンショウ
日本の文章
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、英文学・英語教育に精通する著者が、外国語と日本語の文章を対等に比較・客観視して、日本語のあるべき真の姿を解明したもので、学者的直感と見識が随所に読みとれる。とくに、言葉は幼いときの基礎がいかに大切であるかを説く著者の筆鋒が、折にふれて国語教育への鋭い言及となって現れる。教育者のためばかりでなく、言葉や文章に関心のある一般読者のために、日本語の根本的な問題を考察した画期的な文章論といえよう。

目次

  • 1 「私」のいない世界
  • 2 耳で読む
  • 3 清水に魚すまず
  • 4 日本の文章
  • 5 知的散文
  • 6 おもしろさ
  • 7 「が」の問題
  • 8 間のゆとり
  • 9 先生の書く文章
  • 10 楷書と行書
  • 11 愉しきかな手紙
  • 12 打てば響く返事
  • 13 ほほえみをたたえる
  • 14 話しかける気持ちで
  • 15 漢文に学べ
  • 16 TV・オア・ノット・TV
  • 17 “すばらしいでした”
  • 18 国語の辞書
  • 19 新しい文体の舞台
  • 20 書き出しの文章
  • 21 タテとヨコ
  • 22 短い文章
  • 23 言葉の世界
  • 24 構造的翻訳
  • 25 名訳受難
  • 26 文体のことなど
  • 27 “引用”ということ
  • 28 書けない言葉の教育

製品情報

製品名 日本の文章
著者名 著:外山 滋比古
発売日 1984年08月08日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-158648-2
通巻番号 648
判型 A6
ページ数 245ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る