日本霊異記(下) 全訳注

講談社学術文庫
ニホンリョウイキ
その他:中田 祝夫
日本霊異記(下) 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本霊異記(下)は、中巻の時代の後を受け、奈良時代末期稱徳天皇(764)から平安時代初頭嵯峨天皇(822)にわたる説話を載せる。全39話。凄惨激烈な血族間の政権争奪と権力闘争―その結果として、平城京から長岡京遷都、さらに平安京への再遷―の難世相が説話の隙ににじみ出ている。編者景戒という一人格の、艱難に苦吟した人生の告白が、烈々の句となり、深沈たる文章となって読者を魅きつけるのも(第38話)巻下の特色といえる。

目次

  •  1.因果応報の理(ことわい)
  •  2.霊異記著作の目的
  • 第1 法華経を憶持せし者の舌、曝(さ)りたる髑髏(ひとかしら)の中に著きて朽ちずありし縁 
  • 第2 生物の命を殺して怨(あた)を結び、狐と狗(いぬ)とに作りて互に相報いし縁
  • 第3 沙門の十一観世音の像に憑り願ひて、現報を得し縁
  • 第4 沙門の方広大乗を誦持して海に沈みて溺れざりし縁第5 妙見菩薩の変化して異形を示し、盗人を顕しし縁 
  • 第6 禅師の食はむとする魚の化して法華経と作りて、俗の誹りを覆し縁 
  • 第7 観音の木像の助を被りて、王難を脱れし縁 
  • 第8 弥勒菩薩の願ふ所に応じて奇形を示したたまひし縁
  • 第9 閻羅王の奇しき表を示し、人に勧めて善を修せしめし縁
  •  1.藤原広足、冥界に往還す。
  •  2.広足、死せる妻に会ふ
  • 第10 如法に写し奉りし法華経の火に焼けざりし縁
  • 第11二つ目盲ひたる女人の、薬師仏の木像に帰敬して、以て現に眼を明くこと得し縁 
  • 第12 二つ目盲ひたる男の、敬みて千手観音の日摩尼手を称へて、以て現に眼を明くこと得し縁 
  • 第13 法華経を写さむとして願を建てし人の、断えて暗き穴に内り、願力に頼りて、命を全くすること得し縁 
  • 第14 千手の咒を憶持する者を拍ちて、以て現に悪死の報を得し縁
  • 第15 沙弥の乞食するを撃ちて、以て現に悪死の報を得し縁
  • 第16 女人、濫(みだりがは)しく嫁ぎて、子を乳に飢ゑしめしが故に、現報を得し縁
  • 第17 未だ作り畢へぬ捻せふの像の呻ふ音を生じて、奇しき表を示しし縁
  • 第18 法華経を写し奉る経師の、邪婬を為して、以て現に悪死の報を得し縁 
  • 第19 産み生せる肉団(ししむら)の作れる女子の善を修し人を化せし縁 
  • 第20 法華経を写し奉る女人の過失を誹りて、以て現に口ゆがみし縁
  • 第21 沙門の、一つの目眼盲ひ、金剛般若経を読ましめて、眼を明くこと得し縁
  • 第22 重き斤もて人の物を取り、又法花華経を写して、以て現に善悪の報を得し縁
  •  1.他田舎人蝦夷(をさだのとねりえびす)、冥界に至る
  •  2.蝦夷、法華経を写せる功徳により冥界より生還す
  • 第23 寺の物を用

製品情報

製品名 日本霊異記(下) 全訳注
著者名 その他:中田 祝夫
発売日 1980年04月07日
価格 定価:1,298円(本体1,180円)
ISBN 978-4-06-158337-5
通巻番号 337
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス