日本霊異記(上) 全訳注

講談社学術文庫
ニホンリョウイキ
その他:中田 祝夫
日本霊異記(上) 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本霊異記は、日本最古の説話集。奈良末~平安初期に成立した。巻頭の第1話は、雄略天皇時代(5世紀)の奇談。以後約4世紀にわたる説話120篇ほど。記紀・万葉集だけを上代人の全容と信じていた者は、上代の半面を霊異記に見て驚愕する。霊異記の作者は、奈良西京の薬師寺景戒(きょうかい)。彼は悪行は必ず悪結果で報いられる、善行は好結果を生むと熱心に信じ、彼と同時代の説話、及び上代以来の説話に、その理法を見出そうとした。

目次

  •  1.仏教の伝来
  •  2.因果応報
  •  3.著者、薬師寺景戒の抱負
  • 第1 電(いかづち)を捉へし縁 
  • 第2 狐を妻(め)として子を生ましめし縁 
  • 第3 電を憙(むがしび)を得て、生ましめし子の強力在りし縁 
  •  1.雷神の子の誕生
  •  2.雷神の子の強力
  •  3.元興寺の強力童子
  • 第4 聖徳太子の異(くす)しき表(しるし)を示したまひし縁 
  •  1.聖徳太子と病める乞食
  •  2.百済の僧、円勢の奇蹟
  • 第5 三宝を信敬したてまつりて現報を得し縁 
  •  1.大部屋栖野古(おおとものやすのこ)の造仏
  •  2.大部屋栖野古の功績
  •  3.大部屋栖野古、極楽国に往還す
  • 第6 観音菩薩を憑(たの)み念ぜしによりて、現報を得し縁 
  • 第7 亀の命を贖(あか)ひて放生し、現報を得て亀に助けらえし縁 
  • 第8 聾(みみし)ひたる者の方広経典に帰敬したてまつり、報(むくい)を得て両つの耳ながら聞こえし縁 
  • 第9 嬰児(みどりご)の鷲に擒はれて他の国にして父に逢うこと得し縁 
  • 第10 子の者を偸(ぬす)み用ゐ、牛と作りて役はれて異しき表を示しし縁 
  • 第11 幼き時より網を用ちて魚を捕りて、現に悪報を得し縁 
  • 第12 人・畜に履まれしひと髑髏(ひとかしら)の、救ひ収めらえて霊しき表を示して、現に報いし縁 
  • 第13 女人の風声(みさを)なる行を好みて仙草を食ひ、現身を以て天を飛びし縁 
  • 第14 憎の心経を憶持し、現報を得て奇しき事を示しし縁 
  • 第15 悪人の乞食の僧を逼(おびえか)して、現に悪報を得し縁 
  • 第16 慈(うつくし)びの心なくして、生ける兎の皮を剥りて、現に悪報を得し縁 
  • 第17 兵災に遭ひて、観音菩薩の像(みかたち)を信敬したてまつり、現報を得し縁 
  • 第18 法花経を憶持し、現報もて奇しき表を示しし縁 
  • 第19 法花経品を読む人を呰(あざけり)りて、現に口ゆがみて悪報を得し縁 
  • 第20 僧の湯を誦す薪を用ちて他に与へ、牛と作りて役はれ、奇しき表を示しし縁
  • 第21 慈びの心なくして、馬に重き駄(に)を負せ、以て現に悪報を得し縁 
  • 第22 勤

製品情報

製品名 日本霊異記(上) 全訳注
著者名 その他:中田 祝夫
発売日 1978年12月08日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-158335-1
通巻番号 335
判型 A6
ページ数 209ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス