日本霊異記(中) 全訳注

講談社学術文庫
ニホンリョウイキ
その他:中田 祝夫
日本霊異記(中) 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本霊異記(上・中・下)3巻は、日本最古の仏教説話集で、奈良末期に成った。全篇約120話が年代順に配列されており、この中巻の説話は、聖武天皇ごろの42話。第1話は長屋親王(ながやのおおきみ)(天武天皇の皇孫、太政大臣)の冤罪、服毒自殺事件だが、卑賤の僧を傷つけた罪の報いと説く。第3話では、九州に遺された武蔵国多摩郡(むさしのくにたまのごおり)の防人が、若妻を愛する余り、母親を殺害しようとして地獄に落ちる。この種の腥(なまぐさい)い強烈な因果応報談が多い。

目次

  •  1.聖武天皇の仏教尊信
  •  2.著者景戒と仏教説話
  • 第1 己が高徳を恃み、賤形の沙弥を刑ちて、以て現に悪死を得し縁 
  • 第2 烏の邪淫を見て世を厭ひ、善を修せし縁
  • 第3 悪逆の子の、妻を愛みて母を殺さむと謀り、現報に悪死を被りし縁
  • 第4 力ある女の、力くらべを試みし縁
  • 第5 漢神(からたみ)の祟りに依り牛を殺して祭り、又放生の善を修して、以て現に善悪の報を得し縁
  •  1.富者、漢神の祟りにあふ
  •  2.富者、閻羅(えんら)王の王宮に往還す
  •  3.那天堂縁起
  • 第6 誠心を至して法華経を写し奉り、験有りて異しき事を示しし縁
  • 第7 智者の変化の聖人を誹り妬みて、現に閻羅の闕(みかど)に至り、地獄の苦を受けし縁
  •  1.僧智光、行基菩薩を憎む
  •  2.僧智光、地獄の責苦にあふ
  •  3.僧智光、行基菩薩に前非を悔いる
  • 第8 蟹と蝦(かえる)との命を贖(あか)ひて放生し、現報を得し縁
  • 第9 己に寺を作りて、其の寺の物を用ゐ、牛と作りて役はれし縁
  • 第10 常に鳥の卵(かひご)を煮て食ひ、以て現に悪死の報を得し縁
  • 第11 僧を罵むと邪婬するとにより、悪病を得て死にし縁 
  • 第12 蟹と蝦との命を贖ひて放生し、現報に蟹に助けらえし縁 
  • 第13 愛欲を生じて吉祥天女の像に恋ひ、感応して奇しき表を示しし縁
  • 第14 窮れる女王の吉祥天女の像に帰敬して、現報を得し縁 
  • 第15 法華経を写し奉りて供養することに因り、母の女牛と作りし因を顕しし縁
  • 第16 布施せぬと放生するとに依りて、現に善悪の報を得し縁 
  • 1.富者、貧しき老爺・老婆を恵む
  •  2.富者、冥界より還る
  • 第17 観音の銅像と鷺の形と、奇しき表を示しし縁
  • 第18 法花経を読む僧を呰りて、現に口ゆがみて、悪死の法を得し縁
  • 第19 心経を憶持せし女の現に閻羅王の闕に至り、奇して表を示しし縁
  • 第20 悪夢に依りて、誠の心を至して経を誦ぜしめ、奇しき表を示して、命を全くすること得し縁
  • 第21 摂の神王のこむらの光を放ち、奇しき表を示して現報を得し縁 
  • 第22 仏の銅像の盗人に捕られて、霊しき表を示

製品情報

製品名 日本霊異記(中) 全訳注
著者名 その他:中田 祝夫
発売日 1979年04月06日
価格 定価:1,177円(本体1,070円)
ISBN 978-4-06-158336-8
通巻番号 336
判型 A6
ページ数 279ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス