近江から日本史を読み直す

講談社現代新書
オウミカラニホンシヲヨミナオス
  • 電子あり
近江から日本史を読み直す
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本州の中央に位置し、古来、東西の日本をつなぐ要衝だったこの地は、政治・経済・文化にとどまらず、日本史の舞台として重要な意味を持っている。比叡山を頂点とする日本仏教の胎動と展開、信長・秀吉の天下統一への道、バイタリティにあふれる近江商人の活躍、世界に目を向けた近江人気質――。時代を動かすエネルギーを秘めた近江から日本の歴史を描き出す異色の通史。


信長、比叡山、近江商人――
東西が交わるこの地にあふれるエネルギーが時代を動かした!!
“湖国”近江は日本史の「ヘソ」!

本州の中央に位置し、古来、東西の日本をつなぐ要衝だったこの地は、政治・経済・文化にとどまらず、日本史の舞台として重要な意味を持っている。比叡山を頂点とする日本仏教の胎動と展開、信長・秀吉の天下統一への道、バイタリティにあふれる近江商人の活躍、世界に目を向けた近江人気質――。時代を動かすエネルギーを秘めた近江から日本の歴史を描き出す異色の通史。

目次

  • 第1章 古代
  •  “新王朝”継体天皇から聖徳太子へ/白村江の戦いが残したもの/
  •  壬申の乱、そして奈良朝
  • 第2章 中古
  •  日本仏教の母山/最澄の後継者・円仁/天台仏教の星座/
  •  山岳仏教と浄土教/甲賀大工と寺社建築
  • 第3章 中世(1)
  •  武家の擡頭と叡山/中世の民衆たち/南北朝・室町期の寺社/
  •  山門の全盛と一向宗の興隆
  • 第4章 中世(2)
  •  中世の村落自治と近江商人/応仁の乱後の近江/戦国大名・浅井氏の盛衰
  • 第5章 安土桃山期
  •  信長の天下布武/本能寺の変の陰で/秀吉、天下人への道/
  •  天下分け目の関ケ原
  • 第6章 近世・近代
  •  名匠と文人たち/世界を舞台にした近江人/ゆらぐ幕藩体制/
  •  近代社会への脱皮

製品情報

製品名 近江から日本史を読み直す
著者名 著:今谷 明
発売日 2007年05月18日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-149892-1
通巻番号 1892
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 『産経新聞』関西版で連載された「近江時空散歩」(’05年10月13日~’07年1月31日・全60回)を1冊にまとめたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る