三国志と日本人

講談社現代新書
サンゴクシトニホンジン
三国志と日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

どうして日本人は「三国志」が好きなのか。本家の中国では極め付きの悪人とされている曹操が、なぜ日本では人気なのか。「日本書紀」からゲームソフトに至るまで、日本人の心をとらえ続ける三国志の魅力に迫る。

父祖代々の『三国志』
お膝元の中国での『三国志演義』の親しまれ方と日本のそれとはかなり違う。乱暴に要約すると、中国人は芝居から入り、さらにむかしは、寄席の講談によって親しんだ。芝居は人物を思いきってタイプ化する。『三国志演義』の曹操といえば、白塗りの極め付きの悪人であるから、芝居で親しんだ長い伝統を持つ中国人から、曹操悪玉の印象は容易にぬぐえない。
その点、日本人は江戸時代以後、主に挿絵入りの書物によって『三国志演義』に親しんだから、かなり分析的に人物を見ている。とくに吉川英治の『三国志』は、曹操を魅力的に描いており、これがロングセラーとなったものだから、日本人に曹操好きが多いのも無理のないところである。
ざっとこのように『三国志演義』への親しみ方自体に、中国と日本の違いが明らかだか、江戸時代以前に、日本人の上層部には正史の『三国志』へのかなり長いアプローチの歴史があった。極端にいえば、日本史の各時代に、いつも『三国志』が、なんらかのかたちで影を落としていた。その歴史の跡を述べようとするのが、わたくしのねらいである。――(本書より)

目次

  • 序――父祖代々の三国志
  • 第1章 日本史編纂と『三国志』
  • 1――『日本書紀』に落とした影
  • 2――2人の万葉歌人
  • 第2章 軍記物語の時代
  • 1――ある空白の時期
  • 2――『太平記』の出現
  • 第3章 江戸文学と『三国志演義』
  • 1――湖南文山の翻訳
  • 2――『八犬伝』のなかの『演義』
  • 第4章 明治に起こった「内発」
  • 1――内藤湖南『諸葛武候』
  • 2――「星落秋風五丈原」
  • 第5章 日本版『演義』の誕生
  • 1――吉川英治『三国志』
  • 2――「奸雄」曹操の再評価
  • 3――三国志世界の内面へ
  • 第6章 三国志ブームの到来
  • 1――『英雄ここにあり』と『秘本三国志』
  • 2――「読む」から「体験する」時代へ
  • 三国志名場面集

製品情報

製品名 三国志と日本人
著者名 著:雑喉 潤
発売日 2002年12月16日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-149637-8
通巻番号 1637
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る