外国語としての日本語その教え方・学び方

講談社現代新書
ガイコクゴトシテノニホンゴソノオシエカタ・マナビカタ
外国語としての日本語その教え方・学び方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ふだん何気なく使っている日本語の意外な横顔。独特のアクセンや敬語、微妙な表現・言葉の使い分けなど、視点を変えると見えてくる日本語再発見の書。

「迷惑の受け身」――次のような場合はどうだろうか。「木村がいびきをかいてね」と「木村にいびきをかかれてね」。前者なら、木村君のいびきを面白がっているのかもしれない。しかし、後者のように受け身形で使った場合には、明らかに「いびきがうるさくて、眠れなかった」とはっきりと、迷惑だった自分の体験を、受け身表現の中に込めている。留学生がこういった会話に、相手の期待通りに反応できない場合、日本人学生は「留学生ってさ、やっぱりカルチャーが違うっていうか。日本語はできても、どこか通じないんですよね」となってしまう。これらは明らかに日本語の問題なのだが、日本人学生自身、何が問題の鍵なのか判断できない場合が多い。「カルチャーが違う」では解決できない、日本語の受け身の問題がそこに潜んでいる。――本書より

目次

  • ●日本語の音はここが違う――音声
  • ●国語文法との違い
  • ●「てフォーム」とは何か
  • ●「先生、きれいな花が飾っていますね」
  • ●形容詞の以外な難しさ
  • ●なぜ日本語の受け身は重用なのだろう
  • ●敬語は難しいか
  • ●和語・漢語の使い分け
  • ●作文の添削はこのように
  • ●言葉にはできないものを教える

製品情報

製品名 外国語としての日本語その教え方・学び方
著者名 著:佐々木 瑞枝
発売日 1994年04月18日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-149200-4
通巻番号 1200
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス