江戸小咄(続)

講談社文庫
エドコバナシゾク
  • 電子あり
江戸小咄(続)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸庶民に広く愛され、人口に膾炙された日本人の笑いの源泉、江戸小咄本。その活々とした会話、ユーモアあふれる柔軟で自由な精神は、日本文化の底流を支えてきた町人の意気を示しているともいえる。本巻収録の作品は、原本のままで理解しやすいものを選び、できうる限り忠実に翻刻、各編毎に解説、訳注を加えた。続巻は、「笑の友」「滑稽好」「吉原巳の種子」など14編を収録。<全2巻>

製品情報

製品名 江戸小咄(続)
著者名 編:興津 要
発売日 1976年04月26日
価格 定価:480円(本体436円)
ISBN 978-4-06-131336-1
判型 A6
ページ数 358ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る