令和時代の子育て戦略

レイワジダイノコソダテセンリャク
令和時代の子育て戦略
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま、子育て真っ最中の方が当たり前に願いがちな
・好き嫌いのない子になってほしい
・しっかりしたしつけや我慢は必須
・子どもを不登校児には絶対にさせたくない
などの考えは、じつは大変危険な子育てになっている可能性があります。
令和時代はAIの台頭で、「得られる知識や情報は膨大になる」「職業、仕事が減っていく」「語学をはじめとした学力も必要なくなる」「心の苦しみ苦痛は広がる」などが予測されています。今の子どもたちが大人になる頃、常識はガラリと変わってしまうのです。
「9月1日問題」など、子どもの不登校や自殺はすでに増えてきている昨今、心については年々問題が大きくなりつつあります。小学生ですでにうつ状態の子も増えています。そういった令和の時代に大人になっていく子どもたちに一番大切なのは、心の強さです。
わが子を「幸せな子ども」「強く生き抜ける子ども」にするにはどうすればいいのか。具体的に指南します。

目次

  • 【序章 A子さんの未来ストーリー】
  • 「どうして私だけこんなに不幸なの」/A子さんは特別?  など
  • 【第1章 将来予測 これから30年、人のメンタルはどうなるか】
  • あなたの子どもが生きる世界/娯楽・エンターテインメントが世界の柱に/これから必要となる3つの「メンタルスキル」  など
  • 【第2章 今の親が「しないほうがいいこと」「やっておいたほうがいいこと」】
  • まずは引き算から/戦略子育ての足し算/子どもに教える2つのチャンス  など
  • 【第3章 子育ては親自身の成長のチャンス】
  • 無意識に持っている「我慢系のこだわり」/今の親の忙しさの問題/親が悩み、もがく姿はギフトです  など
  • 【第4章 子どもの悩みの支え方 具体的スキル】
  • 子どもの悩みで親ができること/子どもがピンチに遭遇したら/〈話の聞き方〉〈感情との向き合い方〉〈親の気持ちの伝え方〉/ケースごとのアドバイス1 〈不登校になったら〉  など

製品情報

製品名 令和時代の子育て戦略
著者名 著:下園 壮太
発売日 2019年08月23日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-516841-7
判型 四六
ページ数 192ページ

著者紹介

著:下園 壮太(シモゾノ ソウタ)

メンタル・レスキュー協会理事長、同シニアインストラクター。元・陸上自衛隊衛生学校心理教官。平成 8年より陸上自衛隊初の心理幹部として多数のカウンセリングを経験したのちに陸上自衛隊本部のメンタルへルス担当として、長きにわたり自衛隊の衛生隊員(医師、看護師、救急救命士等)やレンジャー隊員等に、メンタルヘルス、自殺予防、カウンセリング、コンバットストレス(惨事ストレス)コントロールを教育。平成27年8月退職後は、メンタルレスキュー協会で理事長、講師として、企業での個別メンタルケア、全国の市町村で講演を続けている。
著書に『うつからの脱出』(日本評論社)、『自衛隊メンタル教官が教える 人間関係の疲れを取る技術』(朝日新書)など多数。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス