忌み地 怪談社奇聞録

講談社文庫
イミチカイダンシャキブンロク
  • 電子あり
  • イベント
忌み地 怪談社奇聞録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

怪談社の糸柳寿昭と上間月貴が全国各地の忌み地、いわくつき物件を中心に取材。ふたりが足で集めた情報をもとに作家・福澤徹三が取材のプロセスや現場の状況を書き起こした前例のない怪談実話集。糸柳と上間は事故物件が集中する地域で、恐るべき怪異の連鎖に遭遇する。歴史から忘れ去られた戦慄の真相とは?

©Tetsuzo Fukuzawa・Toshiaki Shana 2019

目次

  • 発端
  • 首洗い
  • 高田の婆ちゃん
  • 猫が鳴く道
  • 侵入者
  • 三人連れの真相
  • お婆ちゃんの家
  • ガード下の幽霊
  • 怪談稽古場
  • 洗面所の影
  • 先輩の彼女
  • 盗み聞き
  • 体操する幽霊
  • 開いたドア
  • 女の子の怪談
  • 素人呪術
  • 除霊
  • 多磨霊園まで
  • 不思議な迷子
  • 古井戸があった家
  • 東京のホテルって
  • 奇怪な電話
  • アヨノサト
  • 駆けこんできた女の子
  • 真言
  • 底喰川
  • 三文字の遺書
  • 心霊ビデオ
  • テナントビル
  • うえのえき
  • Sダム
  • Sトンネル
  • 旧Iトンネル
  • カラーセラピー
  • 赤いニット帽の女
  • 奥歯
  • 撮影禁止
  • 町内放送
  • うなる男
  • 瑕疵店舗
  • 事故物件のマンション
  • 封印されたアパート
  • 水面を歩くもの
  • 防犯カメラの人影
  • 首さがり
  • 終局

製品情報

製品名 忌み地 怪談社奇聞録
著者名 著:福澤 徹三 著:糸柳 寿昭
発売日 2019年07月12日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-516678-9
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:福澤 徹三(フクザワ テツゾウ)

ふくざわてつぞう
小説家。『黒い百物語』『忌談』『怖の日常』など怪談実話から『真夜中の金魚』『東京難民』などアウトロー小説、『白日の鴉』『群青の魚』などの警察小説まで幅広く執筆。08年『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。『侠飯』『Iターン』はドラマ化・コミカライズされた。近著に『S霊園怪 談実話集』がある。

著:糸柳 寿昭(シヤナ トシアキ)

しやなとしあき
実話怪談師。全国各地で蒐集した実話怪談を書籍の刊行やトークイベントで発表する団体「怪談社」を主宰。怪談社の著作に『恐國百物語』『怪談社RECORD 黄之章』『怪談師の証 呪印』など多数。狩野英孝が司会を務めるCS番組「怪談のシーハナ聞かせてよ。」に、本作に登場する怪談社・上間月貴とレギュラー出演中。

オンライン書店で見る