忌み地 弐 怪談社奇聞録

講談社文庫
イミチ2カイダンシャキブンロク
  • 電子あり
  • イベント
忌み地 弐 怪談社奇聞録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

怪異が起きる場所――忌み地。怪談社の糸柳寿昭と上間月貴が、全国に実在するいわくつき物件や体験者を取材。ふたりが足で集めた不可解な実話を作家の福澤徹三が書き起こす。取材のプロセスと共に再現される生々しい怪異は、恐怖と戦慄を追体験させる。怪談師と作家が織りなす前例のない怪談実話集、第二弾。

そのビルの過去を調べてみると……
毎年ひとりは飛びおりてるね。

怪異の取材現場にいるような臨場感!
人気怪談師とホラー作家、
最強かつ最恐のコラボレーション。

©Tetsuzo Fukuzawa・Toshiaki Shana 2020

製品情報

製品名 忌み地 弐 怪談社奇聞録
著者名 著:福澤 徹三 著:糸柳 寿昭
発売日 2020年07月15日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-520385-9
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:福澤 徹三(フクザワ テツゾウ)

ふくざわてつぞう
小説家。『黒い百物語』『忌談』『怖の日常』など怪談実話から『真夜中の金魚』『東京難民』などアウトロー小説、『白日の鴉』『群青の魚』などの警察小説まで幅広く執筆。2008年『すじぼり』で第10回大藪春彦賞を受賞。『侠飯』『Iターン』はドラマ化・コミカライズされた。近著に『羊の国のイリヤ』がある。

著:糸柳 寿昭(シヤナ トシアキ)

しやなとしあき
実話怪談師。全国各地で蒐集した実話怪談を書籍の刊行やトークイベントで発表する団体「怪談社」を主宰。怪談社の著作に『恐國百物語』『怪談社RECORD 黄之章』『怪談師の証 呪印』など多数。狩野英孝が司会を務めるCS番組「怪談のシーハナ聞かせてよ。」に、本作に登場する怪談社・上間月貴とレギュラー出演中。本書は福澤徹三と共著の『忌み地 怪談社奇聞録』続編となる。

オンライン書店で見る