寺町哀感 九頭竜覚山 浮世綴(三)

講談社文庫
テラマチアイカンクズリュウカクザンウキヨツヅリ3
寺町哀感 九頭竜覚山 浮世綴(三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

深川一の人気芸者を妻にし、花街門前仲町でなにかと頼りにされる九頭竜覚山。剣の腕も立つが、それだけに敵も多い。三人の刺客を棒術で撃退するが、初めて傷を負う。同じ夜、辻斬と強盗があった。大店の料理屋の若旦那が殺された。美人姉妹のいる居酒屋からの帰りだった。北町奉行所の定町廻り柴田喜平次の疑念を聞いた覚山は動き出すのだが!? 深川人情シリーズ、第三弾!

©Kazumi Arasaki

製品情報

製品名 寺町哀感 九頭竜覚山 浮世綴(三)
著者名 著:荒崎 一海
発売日 2019年01月16日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-514036-9
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:荒崎 一海(アラサキ カズミ)

1950年沖縄県生まれ。出版社勤務を経て、2005年に時代小説作家としてデビュー。著者に「闇を斬る」「宗元寺隼人密命帖」シリーズなど。たしかな考証に裏打ちされたこまやかな江戸の描写に定評がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス