精日 加速度的に日本化する中国人の群像

講談社+α新書
セイニチカソクドテキニニホンカスルチュウゴクジンノグンゾウ
  • 電子あり
精日 加速度的に日本化する中国人の群像
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 権力固めに目途がついた習近平は、満を持して日中友好に路線を変更した。しかしそれ以前の中国には、既に「精神的日本人=精日」と呼ばれる人たちが大量に発生していた。そんな時代的な背景も作用していたのだ。
 サッカー日本代表の応援旗を作りスタジアムで応援する上海の若者たち、旧日本軍の軍服を着てコスプレを楽しむ北京の青年、日本映画を研究する共産党員……特権階級の人たちの中国を「あなたの国」と呼ぶ中国人はアイデンティティを失い、いま日本の磁力に引かれているのだ。 
 ――そうした中国人たちの生の声を、北京、上海、そして日本で取材し、決して画一的ではない中国人の日本観を示す企画。「精日」を通じて現代中国の全てが分かる!

目次

  • まえがき――「反日」を覆す新中国人の実態
  • 第1章 「精日」の時代背景
  • 第2章 「精日」の精神的祖国
  • 第3章 「精日」の百人百様
  • 第4章 共産党から見た「精日」と日本
  • 終 章 「精日」に対し日本人は

製品情報

製品名 精日 加速度的に日本化する中国人の群像
著者名 著:古畑 康雄
発売日 2019年01月19日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-512826-8
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:古畑 康雄(フルハタ ヤスオ)

古畑康雄(ふるはた・やすお)
 1966年、東京都に生まれる。共同通信社編集局国際情報室次長。1989年、東京大学文学部(中国語中学文学)卒業、共同通信社に入社。地方支社局を経て、1997年から北京の対外経済貿易大学に語学研修留学。2001年から16年まで、同社の中国語ニュースサイト「共同網」を企画、運営する。
 著書には、『習近平時代のネット社会 「壁」と「微」の中国』『「網民」の反乱 ネットは中国を変えるか?』(以上、勉誠出版)などがある。

オンライン書店で見る