古典落語(選)

講談社学術文庫
コテンラクゴセン
  • 電子あり
古典落語(選)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学術文庫の好評ロングセラー『古典落語』正編、続編に続く第三巻。大衆に支えられ、名人たちによって磨きぬかれてきた落語。古典といわれる噺の数々は、人情の機微、人生のひとこまを笑いの中にとらえ、庶民の姿を描き出す、言葉の文化遺産といえるだろう。明治・大正・昭和期の速記本をもとに、20篇を完全再現収録。(講談社学術文庫)


学術文庫の好評ロングセラー『古典落語』正編、続編に続く第3巻。大衆に支えられ、名人たちによって磨きぬかれてきた落語。古典といわれる噺の数々は、人情の機微、人生のひとこまを笑いの中にとらえ、庶民の姿を描き出す、言葉の文化遺産といえるだろう。明治・大正・昭和期の速記本をもとに、20篇を完全再現収録。

目次

  • うなぎの幇間
  • 松山鏡
  • 尻 餅
  • 真田小僧
  • しめこみ
  • 王子のきつね
  • そこつの釘
  • 浮世床
  • お神酒徳利
  • 三軒長屋
  • 化けものつかい
  • 味噌蔵
  • あくび指南
  • 巌流島
  • 笠 碁
  • 唐茄子屋政談
  • お血脈
  • 野崎まいり
  • はてなの茶わん
  • 愛宕山
  • 落語鑑賞のために

製品情報

製品名 古典落語(選)
著者名 編:興津 要
発売日 2015年04月11日
価格 定価 : 本体1,280円(税別)
ISBN 978-4-06-292292-0
通巻番号 2292
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は1972~1974年に小社より刊行された『古典落語』(全六巻)を、著作権継承者の了解を得て、再編集したものです。

著者紹介

編:興津 要(オキツ カナメ)

1924年生まれ早稲田大学文学部国文学科卒業。早稲田大学名誉教授。専攻は近世文学。著書に『転換期の文学』『明治開化期文学の研究』『落語』『新編薫響集』『日本文学と落語』『江戸川柳散策』など。1999年没。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る