吉田茂=マッカーサー往復書簡集 [1945-1951]

講談社学術文庫
ヨシダシゲルマッカーサーオウフクショカンシュウセンキュウヒャクヨンジュウゴカラセンキュウヒャクゴジュウイチ
編・訳:袖井 林二郎
吉田茂=マッカーサー往復書簡集 [1945-1951]
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ジョン・ダワー、激賞!
戦後反動の系譜を明らかにする、第一級資料集!

「この比類ない書簡集は日米の相互関係に関するわれわれの理解をかぎりなく増してくれるでしょう」
――ジョン・W・ダワー(MIT名誉教授)

 *

「戦争で負けても外交で勝つ」ことをモットーにした吉田茂は、
マッカーサーとの外交に最大のエネルギーを注いだ。
それが占領下日本における政治のすべてだからであった。
存在さえも隠されていた幾多の書簡は、
占領軍との間で繰り広げられた手に汗にぎる折衝の全容を明らかにする。

何を「護持」したかったのか? いったい何が「保守」できたのか? 
孤軍奮闘、臣茂。民主改革、阻むため。


※本書の原本は2000年に法政大学出版局より刊行されました。原本には書簡の英語正文が収録されています。

目次

  • 序文   (ジョー・B・ムーア)
  • ■第一部 [解説]占領下の書簡外交
  •      はじめに
  •    1 前史および弊原首相の役割
  •    2 史料の存在形態
  •    3 第一次吉田内閣期
  •    4 片山内閣期
  •    5 芦田内閣期
  •    6 第二次吉田内閣期
  •    7 第三次吉田内閣期
  •      おわりに
  • ■第二部 書簡篇[日本語訳]
  •      凡例
  •      書簡一覧
  •    1 前史(吉田外相時代)
  •    2 第一次吉田内閣期
  •    3 片山内閣期
  •    4 芦田内閣期
  •    5 第二次吉田内閣期
  •    6 第三次吉田内閣期
  • 文庫版あとがき

製品情報

製品名 吉田茂=マッカーサー往復書簡集 [1945-1951]
著者名 編・訳:袖井 林二郎
発売日 2012年07月11日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-292119-0
通巻番号 2119
判型 A6
ページ数 568ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は2000年に法政大学出版局より刊行されたもの。原本には書簡の英語正文が収録。

著者紹介

編・訳:袖井 林二郎(ソデイ リンジロウ)

1932年、宮城県生まれ。1956年、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了(政治学修士)。1964年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院にてM.A. in Polotical Science 取得。1976年、法政大学法学部教授。1987年、El Colegio de Mexico 客員教授。1992-93年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校日本研究所客員研究員。1999年、法政大学名誉教授。
○著書・訳書
『マッカーサーの二千日』』中央公論社、1974年(中公文庫、1976年);毎日出版文化賞・大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
『拝啓マッカーサー元帥様――占領下日本人の手紙』大月書店、1985年(岩波現代文庫、2002年)。
『私たちは敵だったのか――在米ヒバクシャの黙示録』潮出版社、1978年(増補改訂版、岩波同時代ライブラリー、1995年);(英語版)WERE WE THE ENEMY? American Survivors of Hirosima, Westview Press, Boulder,1998.

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス