信頼学の教室

講談社現代新書
シンライガクノキョウシツ
  • 電子あり
信頼学の教室
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

得るのは難しく、失うのは簡単。
そして失ったものを回復するのはもっと難しい。
それが「信頼」。
信頼研究で知られる心理学者が、その仕組みを二人の登場人物の軽妙な対話とともにやさしく解説。
個人にとっても、組織にとっても必須の知識がとってもよくわかる!

「7日間にわたる信頼学個人授業」
若手メーカー社員のシンジ君、最近異動した広報・管理部門における課題は社会からの信頼向上。
しかし、新しい部署では、その課題以前に部署内の信頼関係もうまくいかなくてなんだかギクシャクしている。
困ったシンジ君は、学生時代から親しくしている心理学のナカヤチ先生に連絡を取り、仕事帰りに研究室を訪ねることに……。
以降、信頼についての個人講義が7日間にわたって開かれることになった。

そこで出てくる事例は、東日本大震災時における組織の信頼調査から、DJポリス、童話「ないた あかおに」における村人と鬼の信頼関係、さらには浮気防止のための爆発時計まで。
信頼コミュニケーションの仕組みを学ぶのに最適の一冊。

目次

  • 1日目 泣いた赤鬼への信頼
  • 2日目 信頼の特徴
  • 3日目 価値共有から信頼へ
  • 4日目 信頼危機状況での価値共有
  • 5日目 信頼の決め手の変動
  • 6日目 信頼を得るためにできること
  • 7日目 東日本大震災後、不信の波及は起こったのか?
  • あとがき
  • 参考文献

製品情報

製品名 信頼学の教室
著者名 著:中谷内 一也
発売日 2015年12月17日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288347-4
通巻番号 2347
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:中谷内 一也(ナカヤチ カズヤ)

同志社大学心理学部教授。博士(心理学)。 専門は社会心理学。人が自然災害や科学技術のリスクとどう向き合うのかというリスク認知研究、および、リスク管理組織に対する信頼の研究を進めている。著書として『安全。でも安心できない』(ちくま新書)、『リスクのモノサシ』(NHKブックス)、翻訳書に『リスク』(丸善サイエンス・パレット)。論文”The Unintended Effects of Risk-Refuting Information on Anxiety”がRisk Analysis誌の2013年最優秀論文賞受賞。

オンライン書店で見る