親に暴力をふるう子どもの心がわかる本

こころライブラリー
オヤニボウリョクヲフルウコドモノココロガワカルホン
  • 電子あり
親に暴力をふるう子どもの心がわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「依存」と「過剰な甘え」の裏返しが暴力に!
普通のよい子が荒れていく。
なにが不満なのか?
どうしてほしいのか?
暴力に隠された子どもの心理を徹底図解。

目次

  • 第1章 「症状」の裏にある意味を考える
  •     〔ケース1〕「自慢の息子」に暴力をふるわれた
  •     〔ケース2〕娘が援助交際をしているらしいが
  •     本音/劣等感にさいなまれ、助けを求めている
  •     きっかけ/これまで抑圧されていた何かが爆発する 他
  • 第2章 暴力はどこから生み出されてきたか
  •     〔ケース3〕子どもひとりに注がれてきた12の親の目
  •     背景/5つの要因からとらえる必要がある
  •     本人1/これまでは育てやすいよい子だった
  •     本人2/遊び体験が少なく心の窓がない 他
  • 第3章 心に嵐が吹き荒れるとき
  •     〔ケース4〕「ぼくはいったい何者なんだろう」
  •     危機/のりこえなくてはならない思春期危機
  •     悩み/生と死に悩み、虚無感にとらわれる
  •     将来への不安/まわりの大人たちは幸せにみえない 他
  • 第4章 自己の確立が思春期の課題
  •     〔ケース5〕親といっしょのところを友人にみられたくない
  •     心の構造/「無意識」には倫理観や道徳心が宿っている
  •     思春期/成熟には8つの段階があるという説
  •     自我/自我が確立することで気力が育っていく 他
  • 第5章 親が変われば子どもも変わる
  •     〔ケース6〕家庭内暴力を長期化させる親の対応とは
  •     対応/親が陥りがちな2つのパターン
  •     レール/正しい生き方とは、どんなもの?
  •     父親へ/逃げているうちは事態は深刻になるばかり 他

製品情報

製品名 親に暴力をふるう子どもの心がわかる本
著者名 監:山中 康裕
発売日 2008年02月27日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-278954-7
判型 B20取
ページ数 100ページ
シリーズ こころライブラリーイラスト版

オンライン書店で見る