源氏物語 巻七

講談社文庫
ゲンジモノガタリマキシチ
  • 電子あり
源氏物語 巻七
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

源氏物語千年紀
みやびな現代語で読める!わかる!愛と世のはかなさを知る物語
最愛の女(ひと)の死にすべてが移り変わる第七巻

不義の子を産んだ女三の宮は出家し、柏木は病死。夕霧は柏木の未亡人・女二の宮への恋慕を募らせる。そんな中、ついに最愛の女性・紫の上が死を迎え、悲嘆に暮れる源氏は、かねて念願の出家をはたす。「匂宮(におうのみや)」の帖以降は、女三の尼宮の子・薫と明石の中宮の子・匂宮をめぐる新しい物語が始まる。

製品情報

製品名 源氏物語 巻七
著者名 訳:瀬戸内 寂聴
発売日 2007年07月13日
価格 定価 : 本体750円(税別)
ISBN 978-4-06-275788-1
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2002年3月、小社より刊行された『源氏物語<新装版>巻七』を底本とした。

オンライン書店で見る