新装版 近藤勇白書(下)

講談社文庫
シンソウバンコンドウイサミハクショゲ
新装版 近藤勇白書(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

動乱の時代は、彼に何を求めたのか。池田屋事件後、軍中法度を定め、法度破りには、切腹か打首という厳罰を用意した。それはやがて粛正の嵐を呼び新選組は、その様相を異にしていった。己を正義と信じ剣をふるい、奮戦するも甲斐なく幕府は崩壊。近藤勇らは、朝敵として処刑される。動乱の時代に生きた男の姿を独自の史観で活写する時代巨編。(講談社文庫)


動乱の時代は、彼に何を求めたのか

池田屋事件後、軍中法度を定め、法度破りには、切腹か打首という厳罰を用意した。それはやがて粛正の嵐を呼び新選組は、その様相を異にしていった。己を正義と信じ剣をふるい、奮戦するも甲斐なく幕府は崩壊。近藤勇らは、朝敵として処刑される。動乱の時代に生きた男の姿を独自の史観で活写する時代巨編。

製品情報

製品名 新装版 近藤勇白書(下)
著者名 著:池波 正太郎
発売日 2003年12月12日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-273903-0
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 底本:『完本池波正太郎大成8近藤勇白書 侠客 編笠十兵衛』(’99年10月小社刊)を底本とする。