レジェンド歴史時代小説 近藤勇白書(下)

講談社文庫
レジェンドレキシジダイショウセツコンドウイサミハクショゲ
  • 電子あり
レジェンド歴史時代小説 近藤勇白書(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

池田屋事件で名をあげ、声望を高めた新選組。だが皮肉にも、それは過剰なまでの使命感を生みだし、血で血を洗う粛正の嵐を引き起こしてしまう。その間に政情は一変。朝敵の汚名を着せられ、追われる身となった彼らには、苛酷な運命が待ち構えていた――。動乱の時代に生きた男の姿を鮮やかに描いた時代巨編。

目次

  • 江戸に帰る
  • 急流の淵
  • 天皇と将軍の死
  • 迷路
  • 大政奉還
  • 敗軍の将
  • 甲陽鎮撫隊
  • 挽歌
  • 解説 縄田一男

製品情報

製品名 レジェンド歴史時代小説 近藤勇白書(下)
著者名 著:池波 正太郎
発売日 2016年02月13日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-293255-4
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2003年12月に講談社文庫より刊行された『新装版 近藤勇白書(下)』を改訂し、文字を大きくしたものです。

著者紹介

著:池波 正太郎(イケナミ ショウタロウ)

1923年東京都生まれ。『錯乱』にて第43回直木賞を受賞。『殺しの四人』『春雪仕掛針』『梅安最合傘』で3度小説現代読者賞を受賞。「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」を中心とした作家活動により、第11回吉川英治文学賞を受賞したほか『市松小僧の女』で第3回大谷竹次郎賞を受賞。「大衆文学の真髄である新しいヒーローを創出し、現代の男の生き方を時代小説の中に活写、読者の圧倒的支持を得た」として第36回菊池寛賞を受けた。1990年5月、67歳で逝去。

オンライン書店で見る