源氏物語<新装版> 巻三

ゲンジモノガタリシンソウバン
源氏物語<新装版> 巻三
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

光源氏を襲う逆境の嵐と運命の変転。
瀬戸内寂聴の名訳で贈る大ヒット話題作 待望の新装版、巻三刊行

謀反の咎めを受け須磨へと都落ちした光源氏は、わびしい流謫の地で明石の君と逢い、結ばれる。晴れて帰京の後、源氏と藤壺の不倫の子・冷泉帝が即位し故六条の御息所の娘・前斎宮が妃として入内。明石の君との間には姫が誕生し、栄華の絶頂へと向かう源氏31歳までのドラマを描く。

目次

  • 須磨(すま)
  • 明石(あかし)
  • 澪標(みおつくし)
  • 蓬生(よもぎう)
  • 関屋(せきや)
  • 絵合(えあわせ)
  • 松風(まつかぜ)

製品情報

製品名 源氏物語<新装版> 巻三
著者名 著:瀬戸内 寂聴
発売日 2001年11月05日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-261453-5
判型 四六
ページ数 316ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス