近代ヨーロッパの誕生 オランダからイギリスへ

講談社選書メチエ
キンダイヨーロッパノタンジョウオランダカライギリスヘ
  • 電子あり
近代ヨーロッパの誕生 オランダからイギリスへ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「近代」は16世紀オランダに始まった。ウォーラーステインの「近代世界システム論」を出発点に、近代ヨーロッパ勃興の過程を北のバルト海世界に注目して解明し、あわせて「最初の近代システム」オランダから、「最初の近代国家」イギリスへのヘゲモニー移動のプロセスを描く、グローバルヒストリー研究の最前線。(講談社選書メチエ)


「近代」は、なぜオランダで生まれたのか?
「近代」は16世紀オランダに始まった。近代ヨーロッパ勃興の過程を、北のバルト海世界に注目して解明し、あわせてイギリスへのヘゲモニー交替のプロセスを描く

目次

  • 序 章 近代世界システムからみたヨーロッパの近世と近代
  • 第1章 バルト海地方の台頭
  • 第2章 オランダの黄金時代
  • 第3章 イギリスの台頭
  • 第4章 ハンブルクの役割
  • 第5章 産業革命発生をめぐるロンドンとハンブルクの関係
  • 終 章 オランダからイギリスへ

製品情報

製品名 近代ヨーロッパの誕生 オランダからイギリスへ
著者名 著:玉木 俊明
発売日 2009年09月11日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258448-7
通巻番号 448
判型 四六
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

関連シリーズ

オンライン書店で見る