スピンクの壺

文芸(単行本)
スピンクノツボ
スピンクの壺
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生後四ヵ月で行きどころを失った雄犬、スピンクは、小説家の主人とその妻・美微さんの家に引き取られて暮らし始めた。主人は人間だが、どこか犬っぽい。スピンクは主人にポチという呼び名をつけた。本書は犬のスピンクが、主人・ポチや美微さん、同じく行き場をなくして引き取られた犬のキューティーやシードとともに、毎日を暮らす様子を丁寧に綴った日記である。二人と三頭の暮らす山奥の家に起こる出来事、事件を四季の移り変わりとともに描く、現代日本の犬猫文学決定版!

目次

  • ポチの言挙
  • 避桜などと言って
  • 五歳になりましたぜ
  • 犬の道
  • ポチの道
  • シードの人生観
  • ある春の日の
  • ポチの雑談・人生訓
  • 洗濁/洗濯から恐慌へ
  • ポチの人情論
  • 買えない理由
  • 日々のうずくまり
  • 秋冬のファッションと誤り
  • 多忙なんですよ。足袋でもはこうかな。
  • ポチの練習・シードの光の智慧
  • ポチの蹉跌・ぼくらの普通の智慧
  • 犬のSNS・人のDNA
  • イラチ
  • ポチのターヘル・アナトミア

製品情報

製品名 スピンクの壺
著者名 著:町田 康
発売日 2015年10月21日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219766-3
判型 四六
ページ数 264ページ
初出 「本」2012年5月号~2014年5月号。

著者紹介

著:町田 康(マチダ コウ)

1962年大阪府生まれ。作家、歌手、詩人として活躍。1996年に発表した処女小説『くっすん大黒』でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。現代日本の文学を代表する作家であると同時に、多くの猫や犬を保護してともに暮らしていることでも知られる。その日常を描いたエッセイの著書に、「猫にかまけて」シリーズ、本書のシリーズ、『スピンク日記』、『スピンク合財帖』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス