島国チャイニーズ

シマグニチャイニーズ
  • 電子あり
島国チャイニーズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「反中」の今だからこそ、世に伝えたい本! 名作「コリアン世界の旅」から15年。練達のノンフィクションライターが緻密な取材で描く、「在日華僑」「来日華僑」たちの、ひたむきで悲喜こもごもな人生模様。


「反中」「嫌中」が蔓延する日本に生きる、在日チャイニーズたちのひたむきな人間模様。
名著『コリアン世界の旅』の著者が15年ぶりに描く「在日」の新しい、希望の物語。

「ここで私の立場を明確にしておくと、現在の中国共産党が率いる中国政府の諸政策に、私はきわめて批判的である。一方、在日チャイニーズに対しては、ひとことで言うと『人によりけり』の姿勢で応じている。
中国政府のやることなすことが気に入らないから、中国人というだけで毛嫌いするのは、まっとうな判断力を持った大人の対応ではない。しかし、現在の日本では、そのような大人が目に見えて多くなっている。彼らの劣情を煽って“商売”にしているかのようなマスメディアや言論人も、大手を振るっているありさまである。(中略)
私が二百人を超える在日チャイニーズを取材した結果では、彼らの大半が日本での生活におおむね満足しており、留学生のほぼ全員が、少なくとも来日時には親日か、もしくは好日であった。(中略)こうした彼らの実態が、日本人にはあまりにも知られていないのではないか。(中略)
両者の深い断絶の谷間を、活字の飛礫(つぶて)でいくらかなりとも埋めていこうというのが、本書の最大のねらいであり、私のささやかな希望でもある」(著者 まえがきより)

【目次】
第一章 劇団四季の中国人俳優たち
第二章 日本で大学教授になる中国人
第三章 中国人芥川賞作家の誕生
第四章 留学生は“反日”か
第五章 北国の中国人妻たち
第六章 神戸中華同文学校
第七章 女たちの池袋チャイナタウン

目次

  • 第一章 劇団四季の中国人俳優たち
  • 第二章 日本で大学教授になる中国人
  • 第三章 中国人芥川賞作家の誕生
  • 第四章 留学生は“反日”か
  • 第五章 北国の中国人妻たち
  • 第六章 神戸中華同文学校
  • 第七章 女たちの池袋チャイナタウン

製品情報

製品名 島国チャイニーズ
著者名 著:野村 進
発売日 2011年08月25日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216369-9
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 月刊『現代』2008年9月号、12月号、2009年1月号および、『本』2009年2月号、3月号、5月号~2010年1月号に連載された「チャイニーズ世界の旅」を大幅に加筆したもの。

著者紹介

著:野村 進(ノムラ ススム)

(のむら・すすむ)
ノンフィクションライター・拓殖大学国際学部教授。1956年東京都生まれ。上智大学外国語学部英語学科中退。アジア・太平洋地域、先端医療、メディア、事件、人物・企業論などを中心に取材・執筆活動を続ける。1997年、『コリアン世界の旅』(講談社文庫)で第19回講談社ノンフィクション賞・第28回大宅壮一ノンフィクション賞をダブル受賞。主著に『脳を知りたい!』『救急精神病棟』(ともに講談社文庫)、『日本領サイパン島の一万日』(岩波書店)、『千年、働いてきました』(角川oneテーマ21)、『調べる技術・書く技術』(講談社現代新書)ほか。

関連シリーズ

オンライン書店で見る