なまみこ物語・源氏物語私見

講談社文芸文庫
ナマミコモノガタリゲンジモノガタリシケン
  • 電子あり
なまみこ物語・源氏物語私見
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

贋招人(にせよりまし)姉妹によるいつわりの生霊騒動等、時の権力者・藤原道長の様々な追い落とし策謀に抗する、中宮定子の誇り高き愛を描いた女流文学賞受賞作「なまみこ物語」、『源氏物語』の現代語訳の過程で生まれた創見に満ちた随想「源氏物語私見」の二作を収録。円地文子の王朝文学への深い造詣と幼い頃からの親和に、現代作家としての卓抜な構想力が融合した二大傑作。

目次

  • なまみこ物語
  • 源氏物語私見

製品情報

製品名 なまみこ物語・源氏物語私見
著者名 著:円地 文子 解説:竹西 寛子
発売日 2004年04月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-198366-3
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、新潮社刊『円地文子全集』第13巻、第16巻(1978年3月、12月)を底本とし、多少ふりがなを加えました。

オンライン書店で見る