塗仏の宴 宴の支度

講談社ノベルス
ヌリボトケノウタゲウタゲノシタク
  • イベント
塗仏の宴 宴の支度
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和28年春。小説家、関口巽の許に奇怪な取材依頼が齎(もたら)された。伊豆山中の集落が住人ごと忽然と消え失せたのだという。調査に赴いた関口に郷土史家を名乗る和装の男が嘯(うそぶ)く。──「世の中には不思議でないものなどないのです」男が現出させたこの世ならざる怪異。関口は異空間へと誘われるのか?6つの妖怪(ぬっぺっぽう・うわん・ひょうすべ・わいら・しょうけら・おとろし)の物語で、「宴」の「支度」は整い、その結末は「始末」にて明らかとなる。待望の最新作。

製品情報

製品名 塗仏の宴 宴の支度
著者名 著:京極 夏彦
発売日 1998年03月27日
価格 定価 : 本体1,270円(税別)
ISBN 978-4-06-182002-9
判型 新書
ページ数 616ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 収録作品参照